自己申告制シフトの提出期限

飲食店のアルバイト。キッチンで働くということ。

自己申告制シフトの飲食店で用紙の提出が遅れたら?


シフト希望を出し忘れた女性アルバイトシフトの決め方に自己申告制を採用している飲食店が結構あります。

 

自由にシフトを決められるというメリットがありますが、毎回シフト希望届を提出しなければならない面倒くささや、思わず忘れてしまったなんていうデメリットもあります。

 

 関連記事   自己申告制シフト

自己申告制シフトは提出期限が守られないと成立しない

 

自己申告制シフトとは、決められた提出期限をアルバイトがきちんと守ることが前提として成り立つものです。って、そりゃそうですよね。

 

アルバイトがシフト希望用紙を提出しなければ、店長はシフトの組みようがありませんので。ところが、残念なことにこんな当たり前のことが守れない人がたまにいたりするんです・・・

 

困ったもんです、本当に。

 

ま、故意にではなく、たまたま忘れてしまったということもあると思いますが(苦笑)

 

もし、シフト希望用紙の提出期限を過ぎてしまったら

 

もし、何らかの理由でシフト希望用紙を期限までに提出出来なかった場合、どうなるのでしょうか?

 

この場合、3通りのケースが考えられます。

 

1.シフトに入れない

 

シフト希望用紙が提出されていないので、シフトに入りたいという意思がないと見なされ、シフトに入れない。本当はシフトに入りたかったのに入れなかったとしたら、ちょっと悲しいですよね。

 

でも、用紙を出していない以上、文句は言えませんよね。

 

ただ、ボクがこれまで見たきた中で、こういったケースはあまりなかったような気がします。このやり方だと、双方にしこりが残ってしまいますし。

 

2.大体いつも入っているシフトに仮で入れられる

 

いつも大体同じようなシフトに入っているようであれば、店長がそれに合わせて仮のシフトを組む。そして、後でそれでいいかどうか確認して本シフトとする。

 

ただし、不定期でシフトに入っているようなアルバイトの場合だと、仮のシフトを組んだとしても出勤できない可能性がそれなりにあるということで入れてもらえない。

 

3.店長から直接シフト希望を確認される

 

優しい店長さんだったら、電話やメールなどで連絡があり、シフト希望を確認してくれるかもしれません。優しい店長さんだったらですが・・・

 

優しくなくても、人手が足りていないお店だったら連絡してくれるかも・・・どうかな?

 

今回は、もしシフト希望用紙を提出期限日までに提出しなかった時、シフトはどうなるのか?についてお話しました。

 

いや~、提出期限は守らなければいけませんね。周りの人に迷惑をかけることにもなりますし(みんな少しでも早く次のシフトがどうなっているのかを知りたがっていますので)

 

それに提出期限を守らなかった本人だって、本来希望していたシフトに入れなくなってしまうかもしれないわけですから。

 

えっボクですか?もちろん遅れたことはありませんよ、ホントに(笑)

ファミレス&居酒屋バイトのボクが選んだ求人サイト3選

バイトル

バイト未経験の方に特におすすめ

「こだわり検索」→「仲間で探す」機能で、

バイトの年齢層

バイトの男女の割合

などの情報がチェックできる


雰囲気や制服も紹介動画でチェックできるなど、バイト選びの参考になる情報が多いので、特にバイト初心者・未経験者の方にはバイトルがおすすめ

マッハバイト

採用されると、マッハボーナス(5,000円~10,000円)が”必ず”もらえる

マッハボーナス(=お祝い金)の振り込みが早い

勤務開始日(初出勤日)が決まったらマッハボーナスの申請→最短で翌日に振り込まれる


アルバイトを特徴で検索

例)「茶髪・ピアスOKのバイト」「週一日からOKのバイト」「駅チカのバイト」など、他にも豊富な検索条件が魅力

タウンワーク

地方のバイト情報が豊富

地方の求人情報も多い(最大級の求人件数)


「髪型・髪色自由」「ブランクOK」「友達と応募OK」「髭・ネイル・ピアスOK」など、こだわりの条件検索が充実

 

タグ :      

飲食店のシフト(スケジュール)

この記事に関連する記事一覧