高校生 部活とバイトの両立

飲食店のアルバイト。キッチンで働くということ。

【実例紹介】部活とバイトを両立している高校生の話


高等学校の校舎

「部活とバイトを両立させている高校生って、どんな風にしてるの?」

「バイトしたいけど、部活があるから無理かなぁ」

「バイトと部活の両立って、大変そうだけど、実際どうなの?」

こんな風に、バイトしたいけど部活との両立に不安を持っている高校生の方もいると思います。

 

そこで、今回はボクがバイト先(ファミレスと居酒屋)で見てきた「部活をしながらバイトをしている高校生」の話をします。

 

やり方を間違えなければ、部活とバイトを両立させることができるという話です。

 

実際に飲食店でバイト&部活をしている高校生の例

高校生の男女

 

ひとくちに部活をしている高校生といっても、人によって状況が違いますので、3つのパターンに分けてファミレスと居酒屋の例を紹介します。

 

実例を紹介する前にまずは、高校生がバイトできる時間を確認しておきましょう。

高校生は、法律(労働基準法)でバイトできる時間に制限があり、22時(午後10時)~5時の間は働くことができません

 

つまり、高校生がバイトできる時間は、朝5時~夜21時59分の間です。

 

厳密に言うと、法律で働ける時間が制限されているのは高校生ではなく18歳未満なんですが、実際は18才の高校生でも、16・17才の高校生と同じ扱いをされるのが普通です。

では、3つのパターンを見てみましょう。

平日は毎日部活・週末は休み

高校生の部活のスケジュール

 

○平日の出勤日数 

  1~2日  

○勤務時間

  ・ファミレス 18~21時の間で2~3時間

  ・居酒屋         〃

○週末の出勤日数

  土日の1~2日

○勤務時間

  ・ファミレス 11~21時の間で3~8時間

  ・居酒屋   17~21時の間で3~4時間

 

平日は部活があっても頑張って1~2日バイト、週末もバイトのパターンですね。

平日の限られた日だけ部活、週末は休み

高校生の部活スケジュール2

 

○平日の出勤日数

  部活のない日に2日 

○勤務時間

  ・ファミレス 18~21時の間で2~3時間

  ・居酒屋         〃

○週末の出勤日数

  土日の1~2日 

○勤務時間

  ・ファミレス 11~21時の間で3~8時間

  ・居酒屋   17~21時の間で3~4時間

 

文化系の部活だと、部活のある日が週に数日のみというケースが多いので、比較的ムリなくバイトができるのではないでしょうか。

平日毎日、週末は1日部活がある

高校生の部活スケジュール5

 

○平日の出勤日数

  0日

○勤務時間

  ・ファミレス 0時間

  ・居酒屋共   〃

○週末の出勤日数

  土日の1~2日 

○勤務時間

  ・ファミレス 11~21時の間で3~4時間

  ・居酒屋   17~21時の間で3~4時間

 

平日は部活のみ、週末の部活は昼間という場合、夜にバイトをすることができますよね。

 

部活と両立できるバイトに飲食店をおすすめする3つの理由

いろいろな飲食店

 

実際にボクが ”部活とバイトを両立させている高校生” を何人も見てきた経験から言って、ファミレスや居酒屋などの飲食店は、部活と両立できるバイトとしておすすめできます。

 

そして、その理由は3つあります。

①短時間勤務OK

多くの飲食店が、1日の最低勤務時間が2,3時間~の短時間勤務OKとなっています。

 

これなら、平日でも部活が終わってから、学校帰りに2,3時間バイトすることができますよね。

②週2日~OK

1週間の最低勤務日数が2日~OKの飲食店が多いので、あまり無理をすることなく部活と両立しやすいと思います。

 

最初はまず週2日から始めて、時間的にも体力的にも余裕があるようなら、もう1日増やして週3日にするということも店によってはできるかもしれません。

 

とはいえ、あまり無理はしないようにしましょう。

③多くの高校生を採用してきた実績がある

ファミレスや居酒屋など、チェーン店の飲食店では高校生は大事な戦力ですし、昔から多くの高校生を採用してきました。

 

当然、部活をしている高校生だって何人も採用してきています。

 

ということは、部活をしている高校生の働き方がどのようなものかは大体分かっています。

 

なので、例えば大会が近づいてきて、練習時間が増えて週末も出勤できない時、普通は前もって店長に相談すればOKしてくれるはずです。

 

 

部活とバイトを両立させるポイントは1つ

部活中の高校生とファミレス

 

あくまでも高校生にとって最優先しなければならないのは、学校生活です。

 

「学校+部活+バイト」 

 

バイトを始めたばかりの頃は多分、思ったよりも大変に感じるかもしれません。なんて言ったって、これまで自由に使えた時間が減ってしまうわけですから。(おこづかいは増えますが)

 

さて、高校生が部活とバイトを両立させるためのポイントは1つです。

 

○無理のないシフト(勤務日数と勤務時間)

 

スケジュールに多少の余裕がないとバイトを続けるのが難しくなると思います。あまり欲張らずに無理のないシフトでバイトするようにしましょう。せっかくバイトを始めても、続かないと意味がないですからね。

 

高校生活は、一生に一回しか経験することのできない貴重な時間です。あとで後悔することのないように、くれぐれもバイト探しは慎重にしましょう。

 

ファミレス&居酒屋バイトのボクが選んだ求人サイト3選

バイトル

バイト未経験の方に特におすすめ

「こだわり検索」→「仲間で探す」機能で、

バイトの年齢層

バイトの男女の割合

などの情報がチェックできる


雰囲気や制服も紹介動画でチェックできるなど、バイト選びの参考になる情報が多いので、特にバイト初心者・未経験者の方にはバイトルがおすすめ

マッハバイト

採用されると、マッハボーナス(5,000円~10,000円)が”必ず”もらえる

マッハボーナス(=お祝い金)の振り込みが早い

勤務開始日(初出勤日)が決まったらマッハボーナスの申請→最短で翌日に振り込まれる


アルバイトを特徴で検索

例)「茶髪・ピアスOKのバイト」「週一日からOKのバイト」「駅チカのバイト」など、他にも豊富な検索条件が魅力

タウンワーク

地方のバイト情報が豊富

地方の求人情報も多い(最大級の求人件数)


「髪型・髪色自由」「ブランクOK」「友達と応募OK」「髭・ネイル・ピアスOK」など、こだわりの条件検索が充実

 

タグ :      

高校生のキッチンアルバイト

この記事に関連する記事一覧