シニアの飲食バイト

飲食店のアルバイト。キッチンで働くということ。

シニア(50・60代)がファミレスや居酒屋で活躍中です


シニアの男女近年、シニア世代の力を積極的に活用しようという動きが各業界で活発化していますが、もちろん飲食業界も例外ではありません。

 

こうした動きは、テレビや雑誌等のマスコミでもちょくちょく話題になっており、各業界で現役で働くシニアのことを「アクティブシニア」なんて呼んだりもしていますよね。

 

このサイトでも、中高年(30~60代)の飲食店バイト事情についてお話していますが、中でも状況が変化してきている50代以降のシニア世代について詳しくお話します。

シニアの採用を積極的に行っている飲食店

ボクのバイト先であるファミレスと居酒屋でも60代の方がいますが、ボクのバイト先に限らず飲食業界ではシニアの方がたくさん働いています。

 

飲食店のシニアの採用状況を知ってもらう為に、誰もが知っている飲食店で、積極的にシニアの採用に力を入れている例を紹介します。

すかいらーくグループ

ファミレスのガストやジョナサン、バーミヤンなどを運営しているすかいらーくグループ全体では、全国で約1万人のシニアの方が働いています。

 

すかいらーくグループでは、シニアの方を「グランドクルー」と呼んでおり、ホール・キッチンと共に募集しています。

モスバーガー

シニアが活躍している例として、よくマスコミに取り上げられているのが、ファストフードのモスバーガーです。

 

モスバーガーで働くシニアのことを愛情を込めて「モスジーバー」なんて呼ぶ人もいるそうで(笑)

 

何度もマスコミに取り上げられるくらいですから、シニアの採用がどうなっているのか説明する必要もありませんよね。

マクドナルド

モスバーガーのライバルであるマクドナルドもシニアの力を活用している会社です。

 

マクドナルドでは、60歳以上の方を「シニアクルー」と呼び、積極的に採用を行っています。

 

以上、代表的な例を3社紹介しましたが、これ以外にもシニアを採用している企業はいくらでもあります。

 

自分の年齢が気になって飲食店へ応募しようか迷っている人でも、これだけ多くのシニア世代の人が飲食業で働いている事実を知ったのですから、もうこれで迷う必要はないですよね。

 

シニア世代が歓迎される理由

なぜ今、シニア世代の力が注目され、歓迎されているのか?

 

よく言われるように、少子高齢化や景気回復の影響による人手不足の為というのもありますが、それだけではありません。

 

昔と違い、60歳を超えても元気な人が普通にいる時代ですから、企業側も他の若い世代と同じように戦力として考えているからです。

 

こうした動きは、定年が65歳の会社も増えていることを考えれば当然のことですし、それに加えて、若い世代に比べて優れている点があることもあります。

 

この記事を書くにあたり、シニアの方が働いている飲食店を経営している企業が、シニアの方に対してどのように思っているのかを調べた結果を以下にまとみてみました。

勤務態度

若い人の中には、残念ながら勤務態度があまり良くない人が多少いるのが現実です。

 

それに対して、シニア世代の方は仕事への取り組みが真面目で、勤務態度が良好とあって高く評価されています。

コミュニケーション能力

これまでの人生の中で、多くの人と関わってきた経験から、性別や世代を問わず、どんな人とでもやり取りができるコミュニケーション能力を持った人が多いですよね。

 

複数の人間がチームとなって働く職場ですから、シニアの持つコミュニケーション能力は大きな武器となります。

新人バイトへの教育力

飲食店は、バイトの入れ替わりがそれなりにある職場です。一定規模以上のお店になると、バイトを始めて間もない新人さんが1年中いると言ってもいいくらいです。

 

飲食店のバイトの新人教育は、社員も多少はしますが、ほとんどは先輩バイトに任されます。

 

若い人だからダメということはありませんが、やはりシニアの方のほうが教え方が上手ですよね。

トラブルへの対応力

仕事を続けていれば、何かしらのトラブルが発生することもあります。

 

そんな時、若い人だと慌ててしまったりパニックになってしまいがちですが、シニアの方であれば落ち着いて適切にトラブルに対応してくれることが多いです。

安定感や信頼

ここまで挙げたことは、ボクもシニアの方と一緒に働いていて本当にそう思います。

 

こうした積み重ねがあって、一緒に働くバイトにとってシニアの方は、安定感があって頼れる存在なんですね。

 

飲食店以外のシニアが活躍しているお仕事

飲食店以外にもシニア世代の方が活躍しているの業界がいくつもありますので、ここでいくつかご紹介します。

 

ここで紹介する業界の中にも積極的にシニア世代の採用を行っている会社が多くありますので、気になる方は求人サイトで募集要項を確認してみてください。

警備員

警備の仕事は、仕事内容によっては24時間やっていますので、時間の融通がきく人であれば、夜から朝方にかけて働けば結構いい収入になります

 

飲食店よりは時給が高い場合が多いので、個人的には結構な穴場的なバイトではないかと密かに思っています。

 

飲食店のバイトについてあれこれお話しているボクですが、警備員のバイトもいいかななんて思ったこともありました。

ドラッグストア

品出し(商品を棚に並べる)やレジなどが主な仕事で、ボクが利用しているドラッグストアでもシニアの方が働いている姿をよく見かけます。

 

営業時間帯だけではなく、営業が始まる前の早朝だけの品出しバイトなんかもあるので、早朝の仕事を探している人は求人サイトで確認してみてはいかがでしょうか。

スーパー

こちらもドラッグストアと同じように品出しやレジ、他には惣菜を作ったりするのが主な仕事内容です。

 

ボクは家で料理をすることがあるのでスーパーにも行くんですが、ここでもシニアの方がいきいきと働いている姿を見かけます。

コンビニ

コンビニも積極的にシニアの採用を行っている業界のひとつです。

 

ボクの近所のコンビニには、ドアにシニアの方に向けた求人が貼ってあります。早朝や夜中などは人が集まりにくいこともあって、比較的時間の融通が利くシニアの方の力に期待しているようです。

 

今回は、飲食店で働くシニアのバイト事情や関連する事柄についてお話してきました。いかに多くの企業がシニアの方の力を必要としているのかが分かってもらえたら幸いです。

ファミレス&居酒屋バイトのボクが選んだ求人サイト3選

バイトル

バイト未経験の方に特におすすめ

「こだわり検索」→「仲間で探す」機能で、

バイトの年齢層

バイトの男女の割合

などの情報がチェックできる


雰囲気や制服も紹介動画でチェックできるなど、バイト選びの参考になる情報が多いので、特にバイト初心者・未経験者の方にはバイトルがおすすめ

マッハバイト

採用されると、マッハボーナス(5,000円~10,000円)が”必ず”もらえる

マッハボーナス(=お祝い金)の振り込みが早い

勤務開始日(初出勤日)が決まったらマッハボーナスの申請→最短で翌日に振り込まれる


アルバイトを特徴で検索

例)「茶髪・ピアスOKのバイト」「週一日からOKのバイト」「駅チカのバイト」など、他にも豊富な検索条件が魅力

タウンワーク

地方のバイト情報が豊富

地方の求人情報も多い(最大級の求人件数)


「髪型・髪色自由」「ブランクOK」「友達と応募OK」「髭・ネイル・ピアスOK」など、こだわりの条件検索が充実

 

タグ :      

飲食店アルバイトの探し方

この記事に関連する記事一覧