飲食バイトに受かる志望動機

飲食店のアルバイト。キッチンで働くということ。

飲食バイトに受かる志望動機(みんな気にしすぎ・・・)


飲食店のバイトに応募する時の志望動機(=どうして、この店に応募したのか?)。

 

正直、悩んじゃいますよね。

 

履歴書の志望動機欄になんて書けばいいのか、こんなこと書いたらまずいかなとか、逆にどんなことを書けば採用されやすいかなとか。

 

ファミレスや居酒屋などの飲食店に限らず、バイトに応募する時に頭を悩ませるのが志望動機っていうやつです。

 

でも、ぶっちゃけ実はそんなに悩む必要ないんですけどね、本当は。

 

ということで、今回は「バイトに受かる志望動機」について、ファミレスと居酒屋をかけ持ちでバイトしているボクがお話します。

バイトに受かる志望動機は・・・ない!

この記事のタイトルに「飲食バイトに受かる志望動機」なんて書いておいてなんですが、実際の話、そんな都合のいいものはありません。

 

もちろん、志望動機がどうでもいいわけではないですし、面接で必ず聞かれる質問のひとつで大事なことです。

 

なんですが、実は飲食店にとっては志望動機よりも重要なことが他にあります。

 

バイトの採用の決め手になるポイントはいくつもあって、それらを総合的に判断した結果、採用するか不採用にするかを決めます。

 

つまり、どんなに立派な志望動機を書いても、それだけが理由で採用されることは基本的にはないということです。

飲食店にとって、志望動機よりも重要なこと

飲食店がバイトを採用する時に志望動機よりも重要なことは、以下のようなことです。

・いつシフトに入れるのか?(週末(金土日)、祝日、年末年始、GW、お盆にバイトできるのか)

 

・バイトを続ける期間(長期か短期か)

 

・バイトが続きそうか?(すぐに辞めてしまわないか)など

人によっては意外に思われるかもしれませんが、飲食店にとっては志望動機よりも、実はシフト(スケジュール)に関する条件の方が大事なんですよね。

 

どんなに志望動機が立派でも、店側が入って欲しいシフトに入れなければ、残念ながらあまり意味がないわけです。

 

飲食店のバイトに立派な志望動機は必要ない

ネットを見ると、バイトに応募する時に履歴書に書く例文として、立派な志望動機があれこれと書いてあったりします。

 

もしボクが面接官の立場だったら、「おぉ、なんて立派な志望理由なんだ!きっと、この人ならいい仕事をしてくれるはずだ!」って思うかもしれません。

 

でも、もしかしたら反対に「とってつけたような文章だなぁ」とか「いかにも何かに書いてあったような飾った文章だなあ」と思うかもしれません。

 

やっぱり、正直言って飲食店のバイトに応募するのにあまりにも立派な志望動機を書かれても、なんというか・・・ちょっとウソっぽく感じてしまうと思うんですよね。

 

これが正社員に応募する場合だったら分かりますが、バイトですからね。

 

もし、どこかに書かいてあった立派な志望動機の例文を参考に書いたとしても、何人も面接してきた人にはすぐばれますから(笑)

 

飲食店バイトの志望動機の例文

志望動機は、正直に書けばOKです。参考までにいくつか例文を出します。

「家から近いので」

 

「何度か利用したことがあり、お店の雰囲気が良かったので」

 

「飲食店のキッチン(ホール)の仕事に興味があったので」

 

飲食店での経験がある人だったら、

 

「飲食店でキッチン(ホール)のバイトした経験があり、仕事になじみやすいと思ったのでor経験を生かせると思ったので」

 

本当にこんな志望動機でいいのって思ったかもしれませんが、これでいいんです。

 

特に飲食チェーン店の場合は。

 

ちなみにボクがこれまで飲食店のバイトに応募した時の志望動機もこんな感じでしたが、無事採用されてますから。

 

「家から近いので」は、立派な志望動機になる

紹介した志望動機の例文の中で、「家から近いので」という例を出しましたが、本当にこれが志望動機になるの?って思いませんでした?

 

なるんですよ、これが。本当です。

「家から近いので」が志望動機としてOKな理由

バイト先が家から遠い人と近い人の平均勤続年数を比べると、[近い人>遠い人]という傾向があります。

 

「通いやすさが」がポイントなんですが、この話は長くなるので別の機会にお話することにします。

 

飲食店側とすれば、できるだけ長期で働いてもらえる人を採用したいと考えるのが普通ですから、家から近いことは立派な志望動機になります。

ただし、「家から近いので」だけでは少し不十分かも

ただし、「家から近い」だけでは志望動機として少し弱いので、他に何かもう1つくらいはあった方がいいです。

 

例えば、「以前に利用した時、店の雰囲気が良かった」とか「利用したことはないが、雰囲気が良さそうなので」あたりがよいのではないかと思います。

 

普通、雰囲気が悪いとか悪そうだなと思う飲食店のバイトに応募しませんよね。

 

ということは、少なくとも応募した飲食店の雰囲気が悪くなさそうとか、いいイメージだと判断しているわけですから。

 

店長から聞いた、アルバイトを採用した理由

ボクがバイトしているファミレスにも居酒屋の方にも毎年何人かの新人バイトさんが入ってきます。

 

そして、新人さんのトレーニングを担当する人には新人バイトさんの初出勤日の前に店長から、「今度、○○さんという人が新しく入ってくるのでよろしく」というような話があります。

 

で、ボクがトレーニングを担当することもあって、その話の中で採用した理由が話題になることがあるんですね。

 

話を聞くと、採用の1番の理由はいつもシフトに関することで、具体的には人手が不足している時間帯や曜日に出勤できるということなんです。

 

そして、2番目や3番目の理由として、飲食経験者だったり、まじめそうだからといった理由があります。

 

ボクの記憶では、志望動機がどうのこうのといった話はほとんど聞いたことがないように思います。

 

バイトの志望動機なんて、話題にもならないくらいのものだということですね(笑)

 

 

ファミレス&居酒屋バイトのボクが選んだ求人サイト3選

バイトル

バイト未経験の方に特におすすめ

「こだわり検索」→「仲間で探す」機能で、

バイトの年齢層

バイトの男女の割合

などの情報がチェックできる


雰囲気や制服も紹介動画でチェックできるなど、バイト選びの参考になる情報が多いので、特にバイト初心者・未経験者の方にはバイトルがおすすめ

マッハバイト

採用されると、マッハボーナス(5,000円~10,000円)が”必ず”もらえる

マッハボーナス(=お祝い金)の振り込みが早い

勤務開始日(初出勤日)が決まったらマッハボーナスの申請→最短で翌日に振り込まれる


アルバイトを特徴で検索

例)「茶髪・ピアスOKのバイト」「週一日からOKのバイト」「駅チカのバイト」など、他にも豊富な検索条件が魅力

タウンワーク

地方のバイト情報が豊富

地方の求人情報も多い(最大級の求人件数)


「髪型・髪色自由」「ブランクOK」「友達と応募OK」「髭・ネイル・ピアスOK」など、こだわりの条件検索が充実

 

タグ :     

飲食店アルバイトの探し方

この記事に関連する記事一覧